【警告】こんな女性が老け顔になりやすい!事例から改善する老け顔対策

ニキビと吹き出物はなぜできるの?

ニキビや吹き出物も、シミと同様にその原因を突き止めなければ
効果的なお手入れはできません。

 

とにかく、痕を残さないように処理することを裁断の原因にケアをしましょう。

 

やはりニキビや吹き出物も体の内側からくる「内因性」のものと
外部からの刺激やお手入れ不足による「外因性」タイプがあります。

 

まず、内因性のものとして考えられるのがストレスや内臓のトラブル、
自律神経の乱れ、運動不足や睡眠不足もニキビや吹き出物をうむ原因となります。
外因性のものとしては、顔の洗い過ぎや角質の肥厚などが考えられます。

 

必要以上に顔を洗いすぎてしまうと肌がガード機能を失って
吹き出物が出やすくなってしまいます。

 

また肌表面に古い角質がたまっていると皮膚の自浄作用が不十分になります。
普段から表皮の水分と油分のバランスを整えるようにしましょう。

 

また、生理前になると顎の当たりに吹き出物ができる・油っこいものを食べるとブツブツができる
という人は「トラブル」になったときにノートやメモに記録をつけてみるのもよいです。
自分の肌の傾向を把握しておくと、効果的なお手入れと予防に役立ちます。

 

黒ニキビと白ニキビ

 

お肌は、表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、新陳代謝のよい肌は
古い細胞が表皮からアカやフケとなって自然に剥がれ落ちていきます。

 

ところが、代謝が鈍くなって角質層が分厚くなると
毛穴がふさがってしまいます。
通常は毛穴にある皮脂腺から皮脂が分泌され、肌表面を弱酸性にして雑菌の繁殖を防ぎ
また肌を保湿してくれます。

 

しかし毛穴がふさがってしまうと皮脂が皮脂腺にたまってにきびになります。
毛穴が閉じた状態で皮脂が詰まると「白ニキビ」、毛穴が開いて皮脂と古い角質が混ざって汚れが詰まると
「黒ニキビ」になります。

 

【ニキビ・吹き出物チェック】

  1. 睡眠不足気味
  2. 精神的ストレスを感じている
  3. 甘いモノや刺激的なものが好き
  4. 便秘気味
  5. 水をあまり飲まない

 

 

出来てしまったニキビは痕を残さないように、
まずはアルコール入りの化粧水で炎症を起こしている部分を殺菌消毒し、
指先でニキビの周りの筋肉をツマミましょう。

 

ニキビの芯を肌表面に出すかリンパに流し込むのです。